障がい福祉部門

学ぶ姿勢を大切に、若い人たちに支援技術をしっかり継承し、「強い事業所」を目指しています。

坂本 大貴
エリアマネージャー、相談支援専門員
2019年3月入社
WELFARE
坂本 大貴

Q1これまでの経歴と入社を決めた理由は?

インタビュー中の様子 その
子どもに関するキャリアに関心を持ち、放課後等デイサービスへ
知的障がい者の入所施設・通所施設を最初の職場として、訪問介護・路上生活者等のサポートをする法人にも勤めました。様々な福祉の現場で働く中で子どもの成長過程に関心を持ち、縁あって「放課後等デイサービス」を運営する一般社団法人スマイルゲートに入社、児童福祉の分野に足を踏み込みました。施設長として児童の支援をしながら、新たな施設開設の仕事に取り組みました。同時に、児童福祉・障がい者福祉における「相談支援事業」が強化された時に、相談支援事業所の相談支援専門員にも従事しました。虐待・家庭内暴力・家庭内機能不全・不登校などと向き合うことになりましたが、同じケースは一つもなく、どこまで踏み込んでよいのかも難しい、暗中模索・試行錯誤の連続でした。
そんななか、2019年3月に働いていた法人がビオネストグループの一員である「株式会社スマイルゲートパートナーズ」となりました。相談支援員としては、福祉のメニューが増えることに魅力を感じました。また、ビオネストの石野社長は事業に対して冷静で、常に理論と数字で分析されていますが、その奥に強いパッションがあります。そこに未来への可能性を感じました。

Q2現在の仕事と、そのやりがいを教えてください

インタビュー中の様子 その
取り組んだことのない制度やイベントにも、前向きに動いています
エリアマネージャーとして各事業所の管理者をサポート・指導すると同時に、個人的には相談室で相談支援をしています。これまで現場中心で働いてきたため、業務管理や労務・経理など運営的な分野はまだまだ至らない点も多いですが、世の中の様々な課題に直面するご利用者様にしっかりと対応するためには「強い事業所」を作っていかねばなりません。そのためには、私自身が若い頃にしっかり指導を受けたように、若い職員を指導することで支援技術を継承していくことが大事だと思っています。
また、これまで取り組んだことのない制度やイベントにもどんどんチャレンジし、ご利用者様が利用できるサービスの量や質を向上させるよう努めています。
相談業務では、ご家庭を訪問して保護者様に状況を聞き、どのような資源が必要かを見極めることが大切です。特に初回面談が重要で、しっかり観察をして子どもの状況を把握していきます。行政や新しい制度へのアンテナを立てつつ、手探りで保護者様との関係をつくっていきます。当初、放課後等デイサービスを嫌がっていた子どもが、2〜3週間後にニコニコ過ごしている様子を見ると良かったなとやりがいを感じます。

Q3将来の目標は?なりたい自分に近づけていますか?

インタビュー中の様子 その
経験や技術を若手に引き継ぎ、相談支援をもっと極めていきたいですね
放課後等デイサービスだけを見ても、虐待やネグレクトなど家庭にも対応せねばならない案件や、不登校やいじめなど学校に関わらなければならない案件など、備えておくべき力はたくさんあります。これらに携われる自分でありたいですし、これまで現場で培ってきた経験や学んできた知識・手法を次の世代に引き継ぎ、サポートしていきたいと思っています。
その中で、若くて力のあるリーダーが生まれてきたら、私個人としては相談支援の技術を高め、困難を持つ子どもの相談支援を中心とする仕事に力を入れたいと考えています。相談支援業務には、これなら百点満点という方法はありませんし、うまくいかずに後悔することもありますが、諦めずに取り組むことが大事だと思っています。
相談支援員には専門の相談技術が必要だと思いますし、常に学ぶ姿勢を忘れず、知ること・理解することに前向きでありたいです。
このような相談支援業務は、現在の当社では一部の熟練者がやっている状況です。もし、その技術を法人全体でシェアするようなシステムを構築できれば、支援はより広がります。そういうシステムを構築したいですし、尽力できればと考えています。

Q4これから入社する人へのメッセージは?

インタビュー中の様子 その
自分の取り組みたい福祉の技法を主張できる、やりがいのある会社
歴史ある福祉法人のなかには、経験主義的で新しいことを受け入れるのが苦手、「この法人はこうだから」「この地域はこうだから」と保守的な方針の法人もあります。その点、ビオネストは新しい感覚を持っていて、自分のやりたい福祉の技法や手法を主張できる会社です。これまでやったことがない手法や自分たちの知らない事業を受け入れる力量があります。何か新しいことをやりたいと考える志願者にはぴったりのフィールドではないでしょうか。
例えば、いま社会では、先天的に生まれ持った障がいだけではなく、引きこもりやうつなど精神面で困っている人も増えています。ビオネストは、福祉も介護も医療もあるグループですから、もし取り組みたいという方がいるなら、これらに着目した何らかの新しい取り組みもできると思います。
何か考えがある、スキルを持っているのに活用できていない、自分の持っているアイデアや能力を使いたくてうずうずしている、ビオネストならそのアイデアやスキルをきっと活かすことができます。ビオネストのスタッフは暗中模索しながらも、様々な福祉を広く提供できるようにチャレンジしています。あなたも一緒に、新しい何かにチャレンジしてみませんか!

OTHER INTERVIEW