障がい福祉部門

地域や学校とつながり、子どものことを一番に考える、学生時代からの目標だった管理責任者に近づいています。

川本 真代
スマイルゲートファミレ八幡 児童発達支援管理責任者
2019年3月入社
WELFARE
川本 真代

Q1これまでの経歴と入社を決めた理由は?

インタビュー中の様子 その
障がい者支援の経験と保育士資格を生かして、地域の中で仕事をしたい!
大学で社会福祉を学び、将来は障がい者の事業所のサービス管理責任者になることを目標に、社会福祉士と保育士の資格を取得しました。在学中に、アルバイトで障がい者のガイドヘルパーをしました。その時にサービス管理責任者の仕事があると知り、一人ひとりに合った専門的な支援を考えられるところに魅力を感じ、それが目標となりました。
卒業後、障がい者入所施設で3年間勤務しましたが、中高年のご利用者様の「生活を守る」ことが中心の仕事でした。人と人や、地域の中にあるさまざまな資源、さまざまな事業所をつなげて支援をコーディネートするのが社会福祉の仕事だと学生時代に学びましたが、そんなソーシャルワークがしたいと思うようになりました。また、保育士の資格が使える仕事とも考え、興味があった放課後等デイサービスをしている会社に転職しました。事業を広げている会社なら、支援できる方が増えるし、困っている方たちにもっといいサービスを届けられると思ったことも、入社の決め手となりました。2019年に、その転職先がビオネストグループとなりましたが、自分の思う仕事ができると感じ継続して働いています。

Q2現在の仕事と、そのやりがいを教えてください

インタビュー中の様子 その
子どもの「できるようになった瞬間」を見られることがうれしいです
放課後等デイサービス・スマイルゲートファミレ八幡にて児童発達支援管理責任者をしています。子どもやご家族様の希望を踏まえたうえで、子どもの能力を引き出せるように支援の計画を立て、実践しています。スタッフと子どもの状況を共有しながら、「今、この子もに必要なことはなにか」を考え、支援につなげていきます。
また、児童発達支援管理責任者の仕事にはスタッフの指導も含まれています。子どもの支援に関するスキルだけではなく、障がい者福祉の基礎、歴史、放課後等デイサービスの仕組みなどを教えることで、施設全体がプロ集団になれるよう意識しています。
子どもの可能性を広げる計画を作り、その支援内容を実施したことで「スプーンでご飯を食べられるようになった」「一人でお料理ができるようになった」など、子どもの「できるようになった瞬間」を目にすると、本当にやりがいを感じます。また、ご家族様との面談のなかで信頼関係が築けて気軽に相談してもらえる、デイサービスを頼ってもらえるようになることもやりがいです。お子様の悩みや困りごとに対してアドバイスや提案をすることでで、家庭内の問題が解決に向かい、感謝されることもよくありますよ!

Q3将来の目標は?なりたい自分に近づけていますか?

インタビュー中の様子 その
支援計画を作るだけではなく、実践する職員の指導ができるように!
学生時代から管理責任者を目指して、キャリアを積み上げてきました。児童発達支援管理責任者になって、最初は「支援計画を作れたらいいわ」と思っていましたが、支援を実現するにはスタッフの成長も必要です。その指導が少しずつできるようになってきたと感じます。例えば、毎月のケース会議を勉強会の機会にして、スタッフ全員に、子どもが成長するための支援はもちろん、他の機関とつながって問題を解決していくソーシャルワークのスキルを学んでもらっています。また、学校との関係を大切にしており、関係者会議には子どもたちと関わりが深いスタッフに参加してもらうようにしています。進路など、子どもの人生の道筋についてまで考えてもらえればいいなと思います。最近では、私が口を出さなくてもスタッフが自ら自分でやりたいことをしてくれるなど成長を感じられることもうれしいですね。
一方、プライベートでは結婚して子どもを産み育てたいと思っています。もちろん、仕事は続けます。放課後等デイサービスに子どもを通わせているご家族様から見ると、子育て経験のあるスタッフの方が安心だと感じられると思います。私自身、子どもは好きですし、子育ての経験を踏まえて、ご家族様にもっと共感できるようになれればいいなと思っています。

Q4職場の雰囲気や会社の魅力は?

インタビュー中の様子 その
ビオネストでは多くの人とつながり、「自分で考えて」仕事ができます
ビオネストの魅力は、「自分で考えて仕事ができること」だと思います。子どもとの関わり方や支援の内容について、自分が考えたこと、やりたいことを実践することができます。以前の職場では、小さなことを変えるのにも大きな力が必要でした。ビオネストは、「どんなことにでも挑戦してみよう」という雰囲気があります。自分の考えたことが形になるのは楽しいですよ。また、様々な経験を経てきたスタッフがたくさんいます。看護師や理学療法士、言語聴覚士など、専門職の方など、多くの人とつながり、連携しながら支援の組み立てができる点も魅力です。
ビオネストは女性が活躍できる機会が多いと感思います。結婚して子どもができても、関連企業の保育園を利用できますし、「育児時間」「時短勤務」などの制度が整っているので、女性も安心してキャリアアップしながら家庭との両立ができる環境だと思います。
ビオネストはいま、どんどん事業が広がってきています。様々な事業所やサービスが生まれており、施設長や責任者などの役職もたくさんあります。経歴に関係なく、やる気があればチャレンジさせてもらえるので、上を目指したい方にとってはチャンスがたくさんあります。

OTHER INTERVIEW