株式会社ビオネスト

介護部門

通えばキレイになる通所介護!?デイ「エステ」サービス共創プロジェクト

2019.11.01

通えばキレイになる通所介護!?デイ“エステ”サービス

 

―このプロジェクトのコアメンバーは?

コアメンバーは、

江崎 成人(エリアマネジャー)

堤 永実(デイサービス・シニアハウス笑楽石津店 施設長)

橋口 竜太(アドバイザー)

 

サポートメンバーは、

田中 浩敬(ビオネスト本部 組織開発室長)

です。

 

―そもそもの発端は?

幣社でデイサービス(通所介護)は、創業時からの基幹事業なのですが、そのデイサービスをもっと進化させたい、と思ったことが、そもそもの発端です。「通うことが格好悪い。ではなく、通っていることが格好良い。オシャレだ。」そのようなイメージの新しいデイサービスを創りたいと思っていました。

そういった想いを様々なところで発信していると、ある外部のブレーンからモルティーの藤岡社長をご紹介いただきました。組織開発室長 田中が藤岡社長と面会し「介護業界にイノベーションを起こしたい!高齢者の方がもっと笑顔になる、元氣になるデイサービスを創りたい!」という想いを伝えると、藤岡社長が大いに共感くださり、その面会の数週間後にデイサービス笑楽石津店での「デイ“エステ”サービス」のトライアル実施が実現しました。

 

―デイ“エステ”サービスはどういったカタチで実施されたのですか?

幣社のデイサービスでは、14時からレクリエーションの時間枠があり、そこで認知症予防などの機能訓練や健康体操などをしているのですが、特別企画として、そのレクリエーションの時間枠で「エステショー」として実施しました。この新しい取り組みに興味を示していただいた女性ケアマネジャー様2名も見学に来てくださいました。

とはいえ、男性ご利用者にとって「エステ」は興味関心が高いものではないため、強制的に参加いただくのではなく、緩く「興味があれば、見学してみてください。」といった促しをするに留めました。

デイサービスの特定スペースで、エステを受けている姿を見学いただくというスタイルで実施したのですが、最初数名だった見学者がどんどん増えてきて、気づけば10名以上の見学者がいる状況になりました。

一人30分程度で、約1時間半程度、エステショーとして実施いたしました。

 

―デイサービスで“エステ”をやる、その効果にはどのようなものがありましたか?

大きく2つの効果がありました。

1つ目は、「女性ご利用者のさらなる笑顔の創造」です。今回の企画を実施して、女性は何歳になっても、美しくありたいという潜在的なニーズがあることを確信しました。今回、合計4名の女性ご利用者にエステ体験をしていただいたのですが、「シワがなくなった!」「肌の張りが全然違う!」(※あくまでも個人的な感想です)との声をいただき、数十分の施術で美しくなったことにとても喜んでいただきました。

2つ目は、「施設スタッフの活性化」です。介護施設は、女性スタッフの比率が多いのですが、この企画に関しては最初に話を持ち掛けると、自然と伝播して、女性スタッフが「私も関わりたい!」「私も!」とどんどんこの企画のメンバーが増えていきました。そして、この企画についてとても楽しそうにアイデアを出してくれるのです。美しくありたい、その女性の潜在的ニーズは自組織のスタッフも同じで、積極的に場づくり、企画進行に関わってくれて施設が非常に活気づきました。

 

―このプロジェクトの今後のビジョンや展望はありますか?

今回、女性ご利用者「何歳になっても、美しくありたい!」という潜在的ニーズがあることを確信しました。また、こういった女性の潜在的ニーズに関する企画は、女性であれば誰もが興味関心が高いものであると感じました。

私たちが実現したい「通いたくなる新しいデイサービス」の「サービス」の一環として、エステが受けられる体制づくりに挑戦したいと考えています。具体的には、介護スタッフの中からエステ技術の習得に興味があるメンバーを選定し、藤岡社長からエステ技術の指導を受けて、デイサービスご利用者の中からエステを希望される方にはプラスαのサービスとしてエステを提供する。

ビオネストの介護ブランド「笑楽」のコンセプトは、「笑って、楽しく」です。今回エステ体験いただいた女性ご利用者の笑顔が私たちにとってとても新鮮で、嬉しいものでした。今の高齢者の中には、エステそのものを体験したことがない方もおられます。そういった方には、今の最新美容技術を体験していただく良い機会にもなると考えています。

これから、ご利用者が「笑って、楽しく」過ごせる場を提供するために、様々なコンテンツに挑戦していきたいと考えております。