MEMBER'S VISION

ビオネストグループの社員が描く
「なりたい自分」とは?

ビオネストグループで働く社員に、これまでの経緯や、現在の業務内容、「なりたい自分」などについてインタビューしました。

医療部門で働く社員のビジョン

まちの地域連携室長/エリアマネジャー
岩城 隆久
岩城 隆久

社会人になってからビオネストに入るまでは?

理学療法士として某病院リハビリテーション部に所属し、日々の臨床業務において「最良かつ最善のリハビリを提供する」ために、リハビリ技術と知識の研鑽、研究活動に没頭する日々を過ごしました。また、医療・福祉の経済や制度にも興味を持ち、大学(経済学部)へ編入、各国の医療福祉制度について学びました。大学院では筋電図を用いた基礎研究に携わり、「自己効力感と運動学習」をテーマに研究。その研究は博士後期課程にて「高齢者の高次脳機能と転倒」へ発展し現在も継続した研究を行っています。理学療法士の養成校教員を10年間従事した後、リハビリテーション科科長としてリハビリ事業の立ち上げや、地域連携室次長、グループ法人のヘルスケア事業部長、医療法人秘書室理事長担当を経験し、医療・介護・経営について経験を積み上げてきました。

ビオネストに入ってからは?

地域包括ケアシステムの推進を目的に「まちの地域連携室長」として、当社の医療・介護・福祉事業の連携や、当社と地域をつなぐ事業の企画運営を行っています。また、訪問看護事業の「エリアマネジャー」として、兵庫県と大阪府エリア、愛媛県エリアの訪問看護事業の運営管理に従事しています。社会貢献活動として、介護認定審査会委員や日本理学療法士連盟代議員などを務めています。

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

私は、東日本大震災の際に、医療スタッフとして現地派遣されました。そこで、医療―介護連携の重要性と、地域行政との連携の必要性を実感し、その経験から医療―介護の包括的な連携において、自分の知識や技術・研究の成果を生かしたいと感じています。我が国の高齢社会問題を私たちが解決し、未来の子供たちへ繋げることが使命である思っています。私は、高齢社会問題において、国が推進する地域包括ケアシステムのプロモーターとなり、今後数年で実践した経験を急速に高齢化が進む中国や韓国、東南アジアでも展開できる地域包括ケアシステムの実践モデルとして、高齢社会問題やその不安を解決できるように、世界に寄与したいと思っています。

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

ビオネストグループは医療・介護・福祉の融合と相乗効果(ヘルスケア・エコシステム)において、高齢者人口や高齢化率の増加における我が国の社会問題に取り組んでいます。このような取り組みは世界的にも注目されています。ビオネストグループは高齢社会問題のみではなく、障がい福祉事業と融合することで、生産人口の拡充や障がい児教育などの幅広い視点で、かつその社会的融合に寄与しています。このような取り組みは自分が目指す、地域包括ケアシステムのプロモーターとして、実践経験できる最良の場となります。また、今以上の社会的貢献をビオネストグループは求め、日々邁進しています。その一員として、自分の経験と知識、技術を活かせることは大変幸せです。また、同じ志をもった仲間もたくさんいます。ひとりでは連携はできません。多くの仲間とパートナシップを構築することで、地域包括ケアシステムを構築し、皆さんの幸せの一助になりたいと思っています。

インタビューを見る
看護師
谷川 栄子
谷川 栄子

社会人になってからビオネストに入るまでは?

31年間は病院での病棟看護師として勤務していました。訪問看護の従事は前職を含めて6年目です。様々なご利用者様との出会いと、別れを経験してきました。緩和ケア病棟の経験から、在宅でお過ごしになる時間を、ご家族と共に支えていきたいという思いから、往診医、ケアマネジャー、介護スタッフと共に連携を密にし、チームで生活の場での在宅看護を行ってきました。ご本人様とご家族様が少しでも不安なく、住み慣れたご自宅でお過ごしいただけるように、心がけていました。ライフワークバランスを重要視し、自己研鑽のための研修制度が整っている笑楽を知り、入職いたしました。

ビオネストに入ってからは?

訪問看護ステーション笑楽 東住吉の管理者として、1事業所5サテライトを運営管理とスタッフの育成を行っています。もちろん、スタッフが休暇の時には、現場に入り、訪問看護師としてご利用者様と関わらせていただいています。報告・連絡・相談を軸に、現場スタッフの良き相談相手になりたいと思っています。
私自身が当初抱いていた「訪問看護」への不安について、初めて訪問看護に携わるスタッフに同行し、それぞれの「ご利用者様の必要としている看護とは何か」を一緒に考え、どのような手段で解決していくかをチームで解決する思考力を伝えています。
現場を知らなければ、適切な助言やケアをすることはできません。他職種からの様々な情報は本当に大事だと感じています。
サービス付き高齢者住宅での訪問看護は、普段の生活状況が見えるために、ご利用者様の「今」の状態を把握することができる利点です。また、スタッフが判断に迷うことがあっても、同行訪問を行い、相談、確認することも可能です。

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

ご利用者様が安心して、いつでも笑ってお過ごしいただける環境の整備と、健康面のサポートを専門的な立場から助言、援助していきたいです。そして、新しく迎えるスタッフが、仕事もプライベートも充実していると感じてもらえるような職場づくりが目標です。ご利用者様の笑顔が私のパワーの源です。スタッフには、看護師と言う仕事の醍醐味を知っていただきたいです。

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

ビオネストには、たくさんの仲間がいます。医療・介護・障がい福祉の専門職が多数所属しています。それぞれの立場からの専門的な助言をいただき、その情報をご利用者様にとって、最善の医療・介護につなげていけるようにサポートすることが私とビオネストグループビジョンから幸福を見つけられる職場だと感じています。

インタビューを見る
看護師
大幡 加奈
大幡 加奈

社会人になってからビオネストに入るまでは?

地元の大学を卒業し、兵庫の大学病院へ就職しました。
就職先では覚えることが多く、残業が当たり前の毎日。出来ない事が多過ぎて、自分の不甲斐なさに涙する日が続いていました。
仕事が終わっても疲れて寝て、仕事に行っての繰り返し。
1年目は分からない事も分からない状態で、先輩も忙しいため、質問したくてもしにくい環境。業務をこなすのに精一杯で、自分に余裕もないため思い描いていた看護師像とは程遠い状態になっていました。
やりたい事も出来ない職場で、本当にこのままでいいのかと考えていた時に、転職サイトでビオネストと出会いました。
訪問看護はベテランの看護師が転職する先に選ぶものと思っていたため不安もありましたが、お客様と従業員の幸福感を重要視するビオネストを魅力に感じ、転職することを決めました。

ビオネストに入ってからは?

不安な気持ちのまま入職しましたが、先輩方は温かく迎えて下さり、明るい雰囲気で仕事をしている姿に不安な気持ちも吹き飛びました。
頼りになる経験豊富な先輩方は、丁寧に仕事を教えてくださり、利用者様との関係も良く、慕われているのがすぐに分かりました。
訪問看護は利用者様との時間もしっかり持てるため、健康面の相談や何気ない会話もできるため、関係性の構築にも繋がり、「ありがとう」の言葉が私のやりがいに繋がっています。
残業もないため、プライベートも充実し自分にも余裕が生まれ、気づけば入職してから1年経っていました。

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

看護師歴2年目の私は、まだまだ臨床で働くには不安が多く、先輩方の働く姿を見ると大きな差を感じます。医療の知識や、病気のことだけでなく、利用者様との関わり方に関しても学ぶことが多いです。急変が起きた場合に看護師としてとるべき行動など専門職として必要な時に適切な行動ができ、利用者様や他のスタッフから頼られるような存在になれるように、そして利用者様に安心感を与えられる存在になっていきたいと思っております。

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

ビオネストでは、明るい雰囲気とスタッフ同士の和気あいあいとした環境が、スタッフ同士の親しみやすさを生み、1人では不安な事も、先輩に気兼ねなく質問、相談出来るところが、働く上での安心感に繋がっています。また、経験豊富な先輩方の知識と経験談を聞けるところや、間近で見て学べるところが看護師としてのレベルアップに繋がっています。先輩方のケアスキル見て盗み、自分がレベルアップして、自分らしい看護を提供することが、利用者様の日々の生活にも幸福感を与えられることにも繋がるのではないかと考えます。

インタビューを見る
理学療法士
小林 文哉
小林 文哉

社会人になってからビオネストに入るまでは?

理学療法士(国家資格)免許取得後、株式会社ビオネストに入社しました。
学生のころより、リハビリテーションを通じて高齢者に長く関わっていたいとの思いが強く、介護・福祉業界に興味を持っていました。就職活動において様々な介護施設を見学しましたが、ビオネストの「笑って楽しく」に共感し、入社する決意を固めました。

ビオネストに入ってからは?

入社後は、多くの利用者様に顔と名前を憶えていただき、多くの方々とリハビリテーションを通じて関わることができています。デイサービスでは機能訓練指導員として「体操のお兄ちゃん」と、親しみを込めて呼んでいただいています。
私自身の経験不足を感じることが多く、「これでいいのか?」悩むことが多いです。新卒で経験のない中、研修・勉強会の開催、他の経験豊富なセラピストへの相談等で知識・経験不足を補っています。スキルアップのための学会や研修会への参加体制も充実しているので、今後も経験を積んでいければと思っています。

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

少しでも多くの方とかかわり、利用者様が「笑って楽しく」生活できるように支援したいと思っています。訪問看護事業や通所介護事業にて、実際の生活環境でのリハビリテーションをご利用者様・ご家族様に支援し続けていきたいと思っています。

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

研修・資格取得への助成制度があり、スキルアップの支援をしていただけます。多くの知識・技術を身に付け、今よりも多くの笑顔が見られるようにしたいです。

インタビューを見る

介護部門で働く社員のビジョン

エリアマネジャー
江崎 成人
江崎 成人

社会人になってからビオネストに入るまでは?

卒業後、生鮮食品を扱う企業において「鮮魚売り場」での経験を積みました。
当時、生鮮食品の扱いにおいては日本一と言われた企業で主任として、仕入れから企画販売や社員の教育に従事しました。
対面販売が主だった売り場では、当時珍しかった「自作のレシピを用いた説明書」を作成しお客さまの「食卓」に介入できるよう、旬の魚の食べ方提案を実施し、関わった人へ影響できる楽しさを経験しました。
その後、これからの時代を意識したときに、「IT関連」の仕事を経験する必要性を感じ大手小売り企業のランディングページ制作を月に3件以上担当し、同時に企業のブランディングサイトの制作をお手伝いするWebディレクター職を経験しました。
営業職にも従事しましたが、やはり対面で人と接する仕事に興味が強く、「人との繋がり」を意識したときに、「人生に介入できる」究極の接客業である介護職を学ぶためビオネストに入社しました。

ビオネストに入ってからは?

現在は、エリアマネジャーというポジションについています。
介護という現場を経て行きついたのは「最期の瞬間に記憶に遺る人間になりたい」という想いです。
ビオネストの介護部門では、一日だけ通って頂くデイサービスや住宅として居住いただく施設があり、この「場」には「ご利用者それぞれの想い」があります。
この想いをひとつひとつ、理解し携わり蓄積することで「人生であの人にあえてよかった」と思っていただける瞬間に繋がると確信しています。
そのような「想い」は人が生活を営む「場」であるからこそ産まれる。
このことを理解し、イベントの企画や、その人にあった適切なライフプランニングが現場で行われるよう、業務の運営管理に携わっています。

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

現在までの、自分の「在り方」を見直したときに、自分には「人に影響を与えることができる存在になりたい」というSELFビジョンが強くあることを理解しました。
ビオネストグループは、介護業界だけではなく、医療や障がいその他多くの「場」があります。
これからの福祉における、ソーシャルイシューとして本当に多くの課題が掲げられますが、介護業界における課題を「福祉業界で働く人」という枠組みだけではなく、生活環境の中で、福祉業界に携わることのない多くの人に対しても興味や関心が向くような取り組みを行っていきたいと考えております。

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

皆様は、介護を受けることについて、介護を施すことについて。
どのようなイメージを持たれていますでしょうか。
介護に対するイメージは様々だと思いますが、まだ、介護保険を利用することのない方これから福祉の業界で働きたいと思っている方。
人生の中で、必ずくるその瞬間にむけて事前に情報を掴むことで、有意義な今後の人生を送ることが出来ると考えています。
ビオネストグループは先ほど述べたように、福祉業界における多くの「場」があります。
この場を利用し、外にむけた情報の発信を行うことで、この業界でのイメージを変革し「働きやすさ」や「通いやすさ」「身近さ」などを感じとって頂けるとこの業界自体がオープンになり、多くの方が携わりやすくなるのではないかと考えています。
その場を通じ、「社会における、これからの未来に影響できる自分に」を描いた活動を行っていきたいと考えております。

インタビューを見る
エリアマネジャー
宮島 好孝
宮島 好孝

社会人になってからビオネストに入るまでは?

「私の性分は飽き性です」
大阪ガスの下請け業者にて店舗、新規物件、マンション等の配管工事、毎日、毎日、泥まみれになりながら懸命に2年間。やりがいも感じられず、これはなりたい自分ではないと感じていた時に友人から「ヘルパー2級取りに行ってみたら。」「ヘルパー?介護?こいつにできるならやってみよう!」そんな安易な考えが私の介護の道のきっかけです!資格取得後、特別養護老人ホームへ入社。資格は取得してましたが、実際の介護現場はどうなんだろう?不安を抱えたまま、業務をしていく中で刺激を受けたり悩む事も多くありました。ある日、重度の認知症状の方が職員の退職する時に言葉では噛み合わない方が、人との別れに対して涙を流す姿は衝撃的で忘れも出来ない出来事でした。言葉で伝わらないが、表情で伝わる事、何でこのような行動するのだろう?あきらめない精神が認知症の方でも心を通わせる事が出来る深い職種であると思い追究しようと考えました。介護業界を幅広く知っていく過程で、次のステップとしてデイケアに転職し国家資格も取得しました。通所サービスでは、利用者様が楽しんでいる姿を肌で感じれる楽しさ、自宅生活を維持する為に我々が潜在ニーズを引き出し顕在化させる事のプロセスが十分に詰まっている事。この頃には介護に夢中で、、、あれ飽き性の俺は?という状態になっていました。
理想のデイサービスを自分で作り上げる事はできないだろうか、、、でも「ノウハウがないじゃないか!」っと福祉業界を共にしている友人と相談し、これから事業所発展を考えている笑楽の門を叩く事を決意し、現在に至ります。

ビオネストに入ってからは?

入社して2日で私はインフルエンザに感染し、休暇を余儀なくされました。きっと他職員は、「巨体やのに虚弱?」と印象を受けたでしょう。
でも、この印象は必ず払拭してすぐにでもリーダー職となってやる!という本来の性分である負けず嫌いも後押しし、一か月後には大阪市の笑楽へ異動となり責任者として勤務する事となりました。こんな早い出世が出来る喜びも噛みしめ現場だけではなく、営業で集客していく仕組み。そして集客し稼働率が上昇すれば周囲への認知が広がる実感はたまりませんね!拠点が拡大していく中で、労働環境も変化していく、私はこの刺激となる状況は性に合うかもしれません!だから今もここに居ます!

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

入社9年目となります。私は、自分に何度か問いをした事があります。コープレートスローガン=「なりたい自分」は何だろう!そう自分で経営(自営)であると…経営という事を形に変えていくと、外部・内部どちらでも言えます。現在6拠点のエリアマネジャーになっているではないか!組織が飛躍的に拡充していく中で、私が考えている階段を着実に上っていると思っております。まだまだ学ぶ事はたくさんあります!この業界で唯一無二の存在となれるよう邁進する限りです!

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

企業ビジョンにもある「お客様と従業員の幸福を最大化にする」これについては、共感できるものであり、その一員となりたい!一人一人の方の笑顔が私自身の糧になり、前を向いていけるものです!従業員も楽しく仕事が出来る事。スキルアップも出来、そしてそれが身になり、お客様へのサービスの質の向上できていくもの、このような組織改革の一部になっている自分を更に磨きをかけていきたいです!

インタビューを見る
アセッサー/実務者・社会福祉主事
岡田 和也
岡田 和也

社会人になってからビオネストに入るまでは?

株式会社IHIに入社し、航空エンジンの製造課組立班に所属していました。担当していたジェットエンジンは自衛隊で使われるF100のジェットエンジンを製造していました。このジェットエンジンはアメリカ製のものの為、マニュアルが英文の為、英文を読み取り作業をすることが一番苦労しました。また、アンバランスや閉め忘れ等、1点でもある場合、空に飛ぶもので、地上に部品が落ちたり、最悪機体が落ちる可能性もあり、とても緊張感があり、責任感のある仕事だったと思います。

ビオネストに入ってからは?

2018/3/15より介護職は未経験で入社し、現在事業所責任者に任命され、まだまだ知識不足技術不足も多く、常に勉強の毎日ですが、とてもやりがいのある仕事だと思います。
入社前と現在では介護職への考え方がガラッと変わりました。入社前では、介護職は入浴や排泄介助をして、レクリエーションで楽しくする固定された毎日だとイメージをしていました。現在では利用者様の状態や気分次第で声掛け等の促しも出来ず、入浴できない事や意志疎通できない事があり、毎日考えるようになり、どのような声掛けで促すか、どのタイミングで声掛けすればいいのかなど、ただ介護をするだけではなく、利用者様の意欲を向上させる介護が必要なのだと思いました。そして意欲が向上し、実施してくれた日には職員同士で喜びあい、達成感で一杯になります。現在とてもやりがいのある仕事で、職員同士の連携がとても必要な仕事だと思います。

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

現在はなりたい自分というのは不明確な所があり、業務や経営を覚えるだけの日々になっています。しかし、ビオネストでは様々な分野の事業を展開しており、なりたい自分を後押ししてくれるところだと思います。なりたい自分がないことは選択肢が多いことでもあり、新しい情報を常に発信してくれる企業の為、今後なりたい自分を描けれる所だと思います。

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

なりたい自分が現在ない事で様々な分野での参入することができ、なりたい自分を見出し、ビオネストグループビジョンである地域のつながりを大事にすることで、自分の技術や知識の向上にもなり、地域に貢献できることは地域全体が活発になると思います。

インタビューを見る
実務者・社会福祉主事
大庭 瑛
大庭 瑛

社会人になってからビオネストに入るまでは?

ビオネストに入社するまでは飲食業や土木関係の仕事をしており、将来は独立して自分で仕事を始めたいと思っており、自分のやりたいことで楽しく収入を得られるようになりたいと考えており、介護業界には一切興味がなく、むしろ自分は絶対に向いていないしやらない仕事だと思っていました。しかし土木の仕事でケガをしてしまった事がきっかけで転職を考えていた際仲の良い友人からの誘いではじめて訪問介護の仕事をし、自分が思っていた介護のイメージと全く違いこんなにもやりがいのある仕事だと思いました。ビオネストに入社したきっかけは、自分自身このまま訪問介護のヘルパーとして終わりたくないというおもいが強く、もっと自己のレベルアップができ、収入も上げたいと考えていた時にビオネストの存在を知り、すぐに求人に応募しました。

ビオネストに入ってからは?

ビオネストに入社してからは、以前では自分で独立して何かをしたいと考えていましたが、ビオネストに入社し組織として働くことの大切さや重要さを知り考えが変わりました。また、頑張りは正当に評価して頂けるので、一般職員からでも役職につけたりと自分にも十分にチャンスがあるという事を教えて頂き、この会社で絶対に成果をあげビオネストにとって必要な社員になりたいと思っております。

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

施設長候補として入社させて頂いたので、今後資格取得、業務を覚えゆくゆくは施設長となり、しっかりと経験を積んだのち更に上の役職へとステップアップしていきたいと思っております。
また、入社したての頃に上司がとても楽しそうに働く姿を見て、知識、介護技術、ご利用者様への接遇、スタッフからの信頼等を見て自分もこんな施設長になりしっかりと責任を持ち楽しくイキイキと仕事がしたいと思いました。

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

ビオネストグループの行動指針で楽しむ、向上心という項目が特に今のなりたい自分と繋がっており、私自身仕事は楽しんでやるほうがいいと考えているからです。向上心では、ビオネストには資格取得支援制度等もありなりたい自分に繋がっていると思います。

インタビューを見る

障がい福祉部門で働く社員のビジョン

エリアマネジャー、相談支援専門員
坂本 大貴
坂本 大貴

社会人になってからビオネストに入るまでは?

知的障がい者入所施設・知的障がい者通所施設をトータル12年近く経験し、自分なりに対応方法の手技手法を積み上げたつもりでしたが、施設の敷地の外で仕事をしたいと考え、路上生活者を支援する法人に勤め、その後より直接支援を施すことのできる訪問介護の事業所に移り、地域における様々な課題に直面しておられる方々の支援に携わりました。
施設で勤めていた時は多少の行動障がいやトラブルには自信をもって相対し、積み上げた支援方法や設備・嘱託医との連携により概ね対処ができましたが、いざ施設を離れて街中に溢れる諸々の課題に直面したとき、積み上げたつもりであったものが通用することが少なく、いかに自分が「井の中の蛙」であったかを痛感しました。
その後、縁あって当時「児童デイサービス」と呼ばれていた現「放課後等デイサービス」を運営する一般社団法人スマイルゲートにお世話になり、初めて児童福祉の分野に身を置くことになって新規一転打ち込んでいたものの、どこかで「地域福祉に関わる仕事がやりきれていない・・」燻った気持ちを持ち続けていました。
そんな中、児童福祉・障がい者福祉においても介護保険における「ケアマネ」と同様の「相談支援事業」がより強化されて展開する情勢が生まれ、幸いなことに当時放課後等デイサービスを出店したばかりの自治体からも協力をいただけたことから「相談支援事業所の相談支援専門員」として従事できることとなりました。
これまで経験してきた路上生活・困窮・アディクション・ゴミ屋敷・引きこもり 等々の課題に加えて、その後直面することとなる虐待・家庭内暴力・家庭内機能不全・不登校 等々と向き合うことになり、どれをとっても一概に答えを出すことができず、またどこまで踏み込んでよいのか悩ましいものばかりで暗中模索・試行錯誤の連続であります。 そうこうしているうちに平成31年3月からは法人が事業譲渡となり、ビオネストグループの一員である「株式会社スマイルゲートパートナーズ」となりました。

ビオネストに入ってからは?

暗中模索・試行錯誤の連続であることに変わりはありませんが、新会社の風潮は「臆せず前へ!」という雰囲気です。
長く同じ業種にいると、新しい案件に対して大体の見通しや分析ができ、負担やリスクを鑑みて保守的な姿勢になりがちかと思いますが、現状はそんなことはなく、取り組んだことのない制度やイベントなどに対して非常にアグレッシブに動いています。
結果、ご利用者様にとっては利用できるサービスの量や質が向上し、地域にとっても重要度が向上している気がします。
大きな変化は一部追随する体力の消費が激しい場合もありますが、個人的には必要な変化だと捉え、この疾走感に順応していきたいと思っています。

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

現在、ありがたいことに運営の業務にも携わらせていただいております。
元々が現場中心であったので業務管理や労務・経理といった分野はからきしなのですが、これまで体験してきた世の中の様々な課題に直面するご利用者にしっかりとご対応させていただくには「強い事業所」を作っていかねばならないと思います。
行動障がいなどの個人的な特性にかかる要因・虐待やネグレクトなど家庭に対して包括的に対応せねばならない事象・不登校やいじめなど学校に対しても良い意味で物言わねばならない案件 等々放課後等デイサービスだけを見ても備えておくべき力は多岐に渡ります。
これらの力を備えた事業所が点在することで我が社の拠点となる市町の地域福祉の質をも向上させていく。
これに携われる自分でありたいと考えています。

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

今現在は、運営的な部分といくつかの事業所の管理を担わせていただいており、まだまだ至らぬ点が多々ありますがリーダーシップの必要性を感じています。
いつになるかわかりませんが、もう少し時が過ぎ、若く力のあるリーダー達が表れてきたら私のように新しい物に疎くて頑固な人間はバックアップに回った方がよいのではないかな?とも思います。
その時は一相談支援専門員としてこれまでよりもっと密に自分自身が膝を突き合わせて利用者のご相談に応じていきたいと考えていますが、その時、新しいリーダー達にがっかりされないような事業所を受け渡せるようにしておきたいと思います。
自分自身が若い頃に割としっかり付き添ってもらえて指導を受けることができたため、できるなら同じようにしていくことが支援技術の継承ではないかと考えています。
そのために必要なものとして制度活用やサービス向上は肝要でありますし、これらを身に着けていく姿勢を促すことも重要です。
その両方に携わらせていただいている面ではビジョンの結合を感じます。

インタビューを見る
福祉スタッフ
川本 真代
川本 真代

社会人になってからビオネストに入るまでは?

大学で社会福祉を学び、障がい者の入所施設に入職しました。日中は作業、夕方から入浴、食事、就寝…という流れの支援をする日々を送っておりました。利用者さんも障がい者の中でも中高年の方が中心で、その方たちの「生活を守る」ことが中心の仕事でした。大学で学んだソーシャルワークの実践をするには地域で暮らしている方たちへの支援を行うしかないと思い、放課後等デイサービスの仕事を選びました。

ビオネストに入ってからは?

デイサービスの仕事の中でも子どもたちと関わり、成長が感じられることが楽しいというのはもちろんですが、地域の中に暮らしている子どもたちのご家庭や学校とも連携して困り感を解決する方法を学び、実践しています。家庭状況について、学校とも共有することで、本人と家庭の希望に沿った進路に近づけることができ、家庭生活の安定にリンクさられたことにはやりがいを感じています。

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

児童発達支援管理責任者として、子どもが成長するための支援はもちろんですが、職員たちにも他の機関と繋がって問題を解決していくソーシャルワークのスキルを学んでいってほしいと考えています。私は大学で社会福祉を学んでいましたが、ビオネストの職場には様々な経験を経てビオネストで働いている職員がたくさんいます。その職員の得意分野を生かしながら、子どもたちの日々の支援につなげ、私からは、職員たちにソーシャルワークのスキルを伝授していきたいと思っています。また、私自身が結婚願望もあり、結婚して子供を産んでも仕事を続けたいという思いをもっています。同年代の女性職員でも企業内保育所を活用しながら、出産しても早期復帰して仕事を続けている職員もおり、同じように働けることを目指しています。

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

今、私は八幡市内の事業所に勤務しています。近隣には企業内保育所があり、関連企業として保育園を利用できるという利点があります。結婚して子供ができた際にも、保育園に預けながら仕事を続けたいと思っています。ビオネストとしても「育児時間」「時短勤務」などの制度も整備されており、働く女性が働きやすい職場です。「ビオネスト」という場が私自身の夢をかなえさせてくれる、「なりたい自分」になれる環境が整っている場であると感じています。

インタビューを見る
言語聴覚士
高石 光太
高石 光太

社会人になってからビオネストに入るまでは?

一般企業で営業活動をさせて頂いていたとき、書家・金澤 翔子さんと一緒に物作りをされている方とお仕事をさせて頂く機会を得ました。
そこでのポジションは中堅社員となっており、徐々に新人のトレーニングにも関わるくらいになっていて先輩からも可愛がってもらっていたのですが、金澤さんの作品を見て「言葉以外の表現方法でこんなにも誰かを感動させることができるなんて!」という思いが生じたことからセラピー・療法への関心が日に日に強まり、ついには「専門家になりたい」気持ちを抑えきれずに退職してしまいました。
その後専門学校に入学し、一回り年下の学生たちと一緒に言語聴覚士を志しました。
安定的な会社員生活から学生になった私をあらゆる面から支えてくれた妻には感謝しきれない思いです。
卒業して資格を得てからは、高齢者介護施設・放課後等デイサービスにて勤務。
前の職場はスタッフ全員と一致団結して「いつでも帰りたくなる場所」というテーマの楽しい空間作り・構造化の向上に注力していました。

ビオネストに入ってからは?

子どもを育てる親御さんたちに適切なアドバイスを行うことが大切と感じています。
「発達障がい」を本人の性格や両親の躾に問題があると誤解する人も少なからず居ると感じます。
言語聴覚士として親御さんに対して子どもの詳しい状態や関わり方について意見交換させて頂き、それによって親子関係が改善すること、また、一緒に過ごす楽しい時間が増えていくことが一番の喜びです。

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

自分の気持ちを表現することを苦手とし、集団での活動場面で意思が上手く伝わらない為に癇癪を起こしていたお子様に対して環境の調整・言葉かけの工夫・見通しを伝える工夫 等を施すことで状態が改善し、集団活動を自ら求めていく姿が伺えました。
その姿勢がとても嬉しく、取り組み自体を「できる」「できない」で評価するのではなく一生懸命できたことを褒め続けました。
その結果、お子様のペースで集団参加できる好循環が生まれ、安心感の向上を行うことができました。
苦手とする場面にお手本となる行動のモデル提示をしてあげることも有用でした。
このように、表面上の行動だけにとらわれず、お子様一人一人の内面を汲み取って好ましい方向に促すことができる専門職になっていきたいと思います。

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

児童発達管理責任者・教職員・保育士・看護師 などの様々な視点を持ったスタッフが役職関係なく相談に乗ってくれており、支えてくれています。
これこそが、この会社の一番の魅力であると感じています。
また、よい意味で競い合い、高めあえる仲間がいることが日々の業務のなかでのモチベーションにつながっています。

インタビューを見る

アドバイザー(営業)として働く社員のビジョン

住宅施設担当
河原 弘毅
河原 弘毅

社会人になってからビオネストに入るまでは?

初めて、入社した会社は広告業界で提案型の広告営業に従事致しました。自ら戦略手法を考え、ビジネスを動かすということを大切にしておりました。提案型の広告営業では、営業とは広告のみを売ることではなく、クライアントの経営に関わり、売上全体を上げることが求められており、圧倒的な熱量と行動量、そして論理的説明力と営業マンの人的魅力を持って、お客さんの懐に入り込む事によってお客様より依頼を頂く事が可能になり、継続した依頼を頂く事が実現致しました。本来の業務でない経営の部分をどれだけご提案させてもらえるか?はとても営業力が必要な作業ですがこれを継続して行うことにより多くの業界でも対応できる営業力が身についたと実感することが出来ました。そして営業を通じて多くの人に幸せを提供でき、今後大きく伸びると感じた介護・医療・福祉を担っているビオネストに入社致しました。

ビオネストに入ってからは?

現在はアドバイザーというポジションについています。
地域に多くのご高齢の方が入居する施設がある中、ご高齢者にも「なりたい自分」というものがあり、ご家族にも多くの希望があります。全ての思いを実現する事が可能なのがビオネストであるとアドバイザーとして提案営業をする中結論に致しました。介護・医療・福祉と様々なサービスを地域に持つビオネストだからこそヘルスケアエコシステムが実現できると思います。

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

「営業、新しいビジネスの創作を通じて貧困を世の中から取り除きたい」
この一言を考えるのに凄く時間をかけました。
私のルーツを辿る中で初めて営業、マーケティングなどを学んだのが未開の地カンボジアでした。カンボジアではビジネスを1から立ち上げるなどの経験を得ながら、アジア諸国の貧困の現実をリアルタイムで目で見て手で触れるという経験をしました。
全世界に必ずある貧困の大前提に私は必ずお金が絡んでいると考えております。国、地域によって貧困の価値は全く異なっております。その中でもまず、日本の医療・介護・福祉の中にも貧困が多く存在すると考えており私の営業、新しいビジネスの創作を通じて貧困を世の中から取り除くことが私の「なりたい自分」です。

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

現在、貧富の格差が広がり貧困が大きな問題となっている現代のグローバリズム、消費主義社会に対して「現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです」「残酷な競争で成り立つ消費主義社会で『みんなの世界を良くしていこう』というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?」という言葉を「世界一貧しい大統領」として知られたムヒカ前大統領がお話をされている事に感銘を受けたことがあります。「なりたい自分」に繋がるのですがビオネストではSDGs(持続可能な開発目標)を医療・介護・福祉を通じて達成させよう行動されています。SDGsの中でも一番初めに掲げられている貧困をなくそうを私は医療・介護・福祉というフィールドの営業を通じて体現するためにフィールドを多く持つビオネストでなら!社長が語る日本一のヘルスケアカンパニーを創りたいという思いを実現すれば私の営業で日本から世界へのフィールドも開かれると考えております。

インタビューを見る
デイサービス担当
橋口 竜太
橋口 竜太

社会人になってからビオネストに入るまでは?

福祉専門学校卒業後、介護職を経験。介護の現場でたくさんの支援をさせて頂きご利用者の笑顔に直接触れ合うことができ、どのような困難にも向きあうことにより大きな信頼に繋がる事を学ばせて頂きました。
その後、高齢社会による人材不足を改善できないかと、また自身の成長を考え介護・医療・障がいに携わる人材派遣会社へ就職決意。
医療福祉の人材派遣会社では営業・コーディーター・マーケティング業務を行い、各事業所への人材の定着に努めました。クライアント・就業希望者からたくさん困難要望も思考しながらお応えすることによりニーズが叶うことが出来ました。
どんなに辛いことがあっても、一つずつ確実にやり続ける事が皆様の幸せに繋がる大切さを実感致しました。
私のような小さい人間から発信できることはないか?と思い始めた時にビオネストの『施設長候補』の求人が目に留まり応募にて、社長の未来を見据えたお話に感銘を受け入社を決意しました。

ビオネストに入ってからは?

現在は、アドバイザーというポジションについています。
ビオネストの多種に渡る介護・医療サービス・障がいサービスが存在し地域にお住いのご家族、ご高齢の方がよりよい生活でお過ごしできるように日々、居宅介護支援事業所へ足を運び自社サービスのご提案をさせて頂いています。
超高齢者社会が加速していく中、アドバイザーとして地域の高齢者への社会資源のご提案をさせて頂くことで高齢者・家族様が地域で自分らしく健やかにお過ごしいただける事にやりがいを感じております。

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

全世界の超高齢化社会に生きる方が、この時代に生まれてよかったと思える提案ができる人材になること。
日本の総人口に対し65歳以上である、高齢者の人口比率は2018年時点、日本が約27%と世界で最も多い比率で推移しています。次いでイタリア、ポルトガルが約20%以上を推移し世界の高齢化社会に拍車をかけ、もはや「高齢化」は日本だけの問題ではなく、これからの世界中で取り組むべき課題であることがわかります。
そして、いま日本は世界で初めてその問題に直面しています。
この時代の高齢者が「自分らしさ」をもち暮らしていける提案を行い、ニーズに応え事例を重ねることで、私から地域、地域から日本、ひいては日本から世界へと大きな課題解決になる道を歩んでいきたいと考えています。
超高齢社会を支え方のご提案を行い、これから未来ある子供達に明るい道しるべとなり愛で世界を包んでいきたいです。

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

お客様と従業員の幸福を最大化することは「なりたい自分に」に近づける場としてビオネストグループには、ビジョンがあれば道がひらけ、叶えられるチャンスが広がっています。
現在、私はそのビジョンへの物語を成立するため階段を1歩1歩、着実に上がって行っております。
地域に住まう高齢者へむけた社会資源のご提案をさせて頂き、ビオネストが掲げる「日本一のヘルスケアカンパニー」新たな街づくりを念頭に、経験と体験を世界に発信していきたいと考えています。
チャンスがなければ、チャンスがあるところへ、自分から行けばいい。
責任感をもって行動する大切さを知り、自身が成長できる魅力があります。

インタビューを見る

本部で働く社員のビジョン

組織開発室長
田中 浩敬
田中 浩敬

社会人になってからビオネストに入るまでは?

大学卒業後、20代はインターネットビジネスの個人事業主、歯科医療ベンチャーの創業という「起業家」としての経験を積みました。30代は、中小企業・医療機関等をクライアントとするコンサルティング会社、超大企業に特化した大手人材・組織開発プロフェッショナルファームで「人材・組織開発コンサルタント」としての経験を積みました。
この7年のコンサルタント経験を経て、「外部からの支援ではなく、内部でリーダーとして人材・組織開発の実践をしたい!」という想いが強くなり、ビオネストグループに参画しました。

ビオネストに入ってからは?

現在は、組織開発室長というポジションに就いています。代表の石野とビオネストグループの組織変革シナリオを描き、そのシナリオを加速するための様々な活動をしています。中核となるのは、各エリアの施設管理者を統括するエリアマネジャーとタッグを組んで、事業・組織開発プロジェクトを進めることです。その活動以外にも、ブランディング、クラウドソーシングの導入、外部の優秀な人財の獲得など多岐に渡ります。大変ですが、とてもやりがいにあふれています。

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

まず、仕事面で言えば「自ら変革リーダーとして組織開発を実践し、組織開発を語る資格を手に入れた自分になりたい」と考えています。
7年間のコンサルタント経験の中で、ずっとモヤモヤしていたことは「自分自身がリーダーとして組織開発を手掛けていない。組織開発を語る資格が無いのではないか?」ということでした。その悩みを相談しアドバイスしてくれたのが私のメンターでもある“伝説の外資トップ”新将命(元ジョンソン・エンド・ジョンソン社長)さんでした。彼からもらった「田中君が語る資格を手に入れるために、リーダーとして内での実践を7割、コンサルタントとしての外からの支援を3割にしてみなさい」というアドバイスが今の私の指針になっています。
「人と組織をエナジャイズ(人に元氣をもたらすこと)して、日本を元氣に!」できる組織開発プロフェッショナルになりたい。この「なりたい自分」を口だけのものでなく経験を通じて語る資格をこのビオネストグループの組織開発を通じて手に入れたいと考えています。また、その資格を手に入れた後は、ビオネストグループで実践し得たナレッジを外部に提供していきたいと考えております。
次に、プライベート面で言えば、「妻と子どもの笑顔があふれ、いつも愉しく笑って過ごせる家庭を家長として創る自分になりたい」と考えています。
仕事だらけの人生ではなく、家族との時間を大切にしたい(特に今まで苦労をかけ、支えてくれた妻の家事・育児などの負担を減らしたい)と思っています。そのためには、仕事時間と家庭での時間のバランスを自分でとらなければなりません。ビオネストグループでは能力があり結果を出せるのであれば、在宅ワークを積極的に推奨するなど、場所と時間を縛られない働き方が可能です(職種にもよりますが…)。トップの石野からも、組織開発室長として自ら率先してワークライフバランスとった姿を周りに見せることを期待されています。

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

仕事面の「なりたい自分」で言うと、ビオネストのグループビジョンの実現は、「なりたい自分に」向かい生きるという、人々の笑顔と活力を生み出します。すなわち、「人と組織をエナジャイズ(人に元氣をもたらすこと)して、日本を元氣に!」できる組織開発プロフェッショナルになりたいという私の「なりたい自分」を包含するものです。つまり、ビオネストという組織と私という個人の「共有ビジョン」になっています。この共有ビジョンを実現するために、お客様と従業員がそれぞれの「なりたい自分に」近づける「場」として組織を開発することに尽力したいと考えています。
プライベート面の「なりたい自分」で言うと、私には「妻と一緒にデザインした最高の老人ホームで人生の最後を愉しむ」という夢があります。ビオネストは介護事業を基幹として、日本一のヘルスケアカンパニーを目指していますので、仕事をしながらその「最高の老人ホーム」のデザインを具体化して行くことが可能です。もちろん、その最高の老人ホームで暮らすまでに、日本中に健康で、笑顔があふれる場をたくさん創出していかないといけません。自分の夢のためにも、日本の元氣のためにもビオネストを全力で「より良い組織」へ進化させ続けて行きたいと考えています。

インタビューを見る
システム課(在宅勤務)
屋敷 由紀代
爲廣 順子

社会人になってからビオネストに入るまでは?

調理師に始まり、ウェイトレスなど、いろいろな職種を経験しました。前職のSE(システムエンジニア)では、営業のフォローで得意先に行き、決まればシステムの開発、導入からフォローまで全てに携わっていました。10年経験を積みましたが、その間に結婚し、妊娠しました。出張が多く、子育てをしながら続けられる仕事ではなかったため、会社に相談しましたが、在宅での仕事はムリだと言われ、転職を考えました。求職時に在宅でできるシステム関係の仕事を探していました時、偶然、ビオネストを見つけました。業務管理の仕事でしたが、SE事務経験者とあったので、少しでもキャリアが役立てばと思い応募しました。子育てを第一に考え、仕事のやりがいは後回しでいいと考えていました。ところが、実際に入社して見ると、業務管理だけではなく新しいことにもチャレンジさせていただけて、毎日がとても充実しています。

ビオネストに入ってからは?

私は、業務管理という職種で入社しました。業務管理の仕事内容は在宅勤務の職員の労務や業務を把握することで、どんな作業をしているか、その進捗状況をチャットで確認し、エクセルにまとめます。また、会社ではそれらの業務を自動化する「RPAソフト」の導入を考えていますが、その選定のためにトライアルをしています。RPAソフトは人がやらなくてもできる業務をロボット化して自動化するソフトです。RPAソフトを使うことで、経理業務やルーティンワークなど簡単な作業で自動化できるかどうかをチェックしています。
一方、Web上で案件を登録し、仕事を探している方に外注する「クラウドソーシング」も担当しています。各事業所のロゴやパンフの作成、施設の名称などの案件があると、各事業所とクラウドソーシングサイトに登録されているワーカーさんとの間に入り、仕事を依頼します。出来上がったデータをチェックし、各事業所に納品しています。在宅勤務ですが、RPAソフトの導入トライアルやクラウドソーシング関連の仕事は初めてです。新しくチャレンジできることは新鮮でやりがいを感じています。

ビオネストというフィールドでどんな「なりたい自分」を描いていますか?

在宅勤務のため、最初の面接しか事務所へは行っていません。毎日、チャットを駆使してやりとりしていますが、質問などはしやすい環境だと思います。いちばんの魅力は、在宅勤務でも、新しいことにどんどんチャレンジさせてもらえること。今までにない経験を積むこともできます。

その「なりたい自分」はビオネストのビジョンとつながっていますか?

ハローワークや求人サイトでも在宅ワークが増えていますが、例えばシステム関係では「プログラム開発を任されていつまでアップする」という請負の仕事が多いようです。その点、ビオネストは勤務時間がきっちりしていますし、子どもが熱を出したときなど、チャットで連絡を入れるだけで休みを取ることもできます。有給がつきますし、社会保険にも入っています。子育て中のママワーカーにとっては、理想的な環境だと思います。

インタビューを見る